日本包装管理士会
トップページ > ブログ・コミュニティ

ブログ・コミュニティ

※初めてコメントされる方は、事務局にて内容確認後にコメントが反映されます。ご了承ください。
 承認されたコメントを見る場合は、各記事の"タイトル"又は、"コメントを見る/書く"をクリックしてください。

2016.09.24  関東支部 IPP写真研究会 第13回愉しい写真展開催案内 コメントを見る/書く(0件)

関東支部のIPP写真研究会では、第13回 愉しい写真展を下記の内容で開催いたします。
皆さんのご来場をお待ちしております。よろしくお願い致します。

                                    25期 古平 篤

            記

日程:2016年10月6日(木)~11日(火) 9:30~17:00
        10月6日は12:00より 最終日11日は15:00まで

場所:横浜山手234番館
     横浜市中区山手町234-1
     TEL:045-625-9393
     みなとみらい線元町中華街駅「アメリカ公園口」から徒歩10分
      http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/yamate234/

 

img086

 

 

 

 

 

 

img087

>>詳しくはこちら

2015.11.23  IPP 関東支部 秋の見学会を開催 コメントを見る/書く(0件)

関東支部の秋の見学会が11月19日、木曜日に行われ、18名が参加しました。
今回は、館林うどん、正田記念館、製粉ミュージアムの3箇所を見学しました。

11月19日、12時25分、館林駅・東口に集合し、タクシーで館林うどんの近藤工場に向かいました。
館林うどんでは、乾麺の製造工程、乾燥工程を見学しました。またビデオで会社概要が紹介させました。

その後、タクシーで正田記念館に向かいました。
正田記念館は正田醤油の記念館です。建物は、1853年に店舗用として建てられたものであり、
家系図、創業当初の大福帳、醤油製造及び桶・樽の制作に用いた諸道具が陳列されており、
伝統のある企業である事がわかりました。
また、現在製造させている商品の陳列もありました。

3箇所目の見学場所は、正田記念から歩いて直ぐ近くにある、製粉ミュージアムを見学しました。
製粉ミュージアムは日清製粉の博物館で、日清製粉の創業の場所である館林にあり、
新館と本館があります。

新館は最新の製粉技術を楽しく、わかりやすく体感出来るミュージアムであり、
小麦や小麦粉に関する様々な知識を学ぶことが出来ました。
小麦粉を製造する為に使用した機械の展示がありました。

本館は、日清製粉の創業から現在までの歩みを、時代を追って紹介しており、
歴代の社長の紹介コーナーがありました。
本館は創業期より事務所として使われていた建築物を使用しており、良く整備させていました。
また、本館前の庭園も立派なものでした。

見学後は館林駅まで歩き、駅の近くのある居酒屋で情報交換を行い、
18時過ぎの電車で帰路に着きました。

                             25期 古平 篤

01

 

 

 

 

 

 

 

館林うどん・近藤工場

02

 

 

 

 

 

 

 

館林うどん・近藤工場の正面玄関にて

03

 

 

 

 

 

 

 

正田記念館

04

 

 

 

 

 

 

 

正田記念館・入口にて

05

 

 

 

 

 

 

 

製粉ミュージアム 入口

06

 

 

 

 

 

 

 

製粉ミュージアム・本館

07

 

 

 

 

 

 

 

製粉ミュージアムの本館と庭園の前で

>>詳しくはこちら

2015.10.31  関東支部 IPP写真研究会 写真展を開催 コメントを見る/書く(0件)

関東支部のIPP写真研究会は平成27年10月22日(木)~27日(火)まで
横浜・中区山手町の「山手234番館」で第12回愉しい写真展を開催しました。
14名の会員が1人あたり2~3枚の写真を出展しました。
6日間の回覧者数はハロウィンの催しを行っていた事もあり、2009名でした。
今回で12回目の写真展であり、皆さん、力作揃いでした。

また、JPIのご行為により、平成27年12月11日(金)~平成28年1月29日(金)まで
今回の写真展で出展した写真の中から各自1点ずつ展示する「ベストワン写真展」を
築地のJPI本部の廊下を利用して行います。
皆さんJPIにお立ち寄りの際は是非、力作をご覧下さい。
        

                                                                                    25期 古平 篤

 

01

 

 

 

 

 

 

02

 

 

 

 

 

 

03

 

 

 

 

 

 

04

 

 

 

 

 

 

05

 

 

 

 

 

 

06

>>詳しくはこちら

2015.10.12  関東支部 IPP写真研究会 写真展開催の御案内 コメントを見る/書く(0件)

関東支部のIPP写真研究会の「第12回愉しい写真展」が開催されます。
皆さん力作ぞろいですのでご来場をお待ちしております。
宜しくお願い致します。

 日時:平成27年10月22日(木)~27日(火)
               9:30~17:00
   ※初日22日は13:00~ 最終日27日は15:00まで

開催場所:「山手234番館」(2階)
      横浜市中区山手町234-1
      URL: http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/yamate234/
      TEL:045-625-9393

                                     25期 古平 篤

出展者

 

 

 

 

 

 

 宛名面②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜山手234番館

>>詳しくはこちら

2015.05.24  関東支部 IPP写真研究会 足利での撮影会を開催 コメントを見る/書く(0件)

IPP写真研究会は5月9日、栃木県足利市で撮影会を開催しました。
午前8時40分、浅草発の特急で足利市で下車し、足利フラワーパークに
自家用車で向かいました。足利フラワーパークは藤で有名ですが、藤の他にも、バラなど
いろいろな花が咲いており、各自思い思いに写真を撮影していました。
足利フラワーパークのは、足利学校、鑁阿寺を見学し、その後、足利市駅の近くで
情報交換会を行い、その後特急で都内まで戻り解散しました。

                              25期 古平 篤

1

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

4

>>詳しくはこちら

  関東支部 春の見学会を開催 コメントを見る/書く(0件)

関東支部は5月22日、春の見学会を行い21人が参加しました。午前9時に小田原駅の集合し、
貸し切りバスでライオンの小田原工場を見学しました。
歯ブラシ、歯磨き粉、医薬品に至るまでいろいろな製品を製造しておりました。
また、いろいろなお土産を頂きました。
ライオンの見学後、小田原駅の近くの北條水軍で昼食を取った後で、
小田原城を見学し、その後はアサヒビールの神奈川工場を見学しました。
工場内は森林等の緑が多く、非常の綺麗で大きな工場でした。
また、工場見学の最後で、ビールを試飲する事が出来ました。
その後は、小田原駅まで戻り、午後4時半すぎに解散となりました。

                                   25期 古平 篤

1

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

7

>>詳しくはこちら

2015.05.02  関東支部 ベトナム(ホーチミン)視察旅行のご案内 コメントを見る/書く(0件)

関東支部では、国際情報収集の一環として、ベトナム・ホーチミンで開催される
International Industrial Machinery Exhibition(URL: http://www.machinery-vietnam.com)の視察を行います。
この展示会は毎年ベトナムで行われるもので印刷機械、包装機械、紙、プラスチック等、包装全般が出展されます。

ベトナムは発展するASEANの中核国の一国であります。
今回はホーチミンに滞在して、展示会の視察と現地大手の日系企業との情報交換会を行う予定です。

また、同国の歴史・民族構成・宗教・地場産業などの理解に必要な観光スポット等も厳選して回ります。
自己研鑽として、又は海外事情調査として、ご参加をご検討願います。

                         ― 記 ―
1.視察日程
  2015年   7月2日(木) 1:25 羽田国際空港発→5:15ホーチミン着(集合は7月1日 22:00頃)
            7月2日(木) 展示会視察およびホーチミン市内の市場調査、現地企業との情報交換会
                           7月3日(金) 市内観光
          7月4日(土) 市内観光 23:10ホーチミン発
          7月5日(日)   06:40羽田国際空港着後解散
          
          ※航空機は往復、日本航空を利用する予定です。

2. 概算費用
         1室2人使用で約80,000円(燃料サーチャージ代込)です。
         旅行保険の手配は各自でお願いします。
         1人部屋の場合は18,000円の追加料金です。

3.参加申し込み 
         5月15日(金)締め切り。
         次の内容を記入して、IPPまでメールでお願い致します。後日、担当より連絡を差し上げます。
          ippのメールアドレス   ipp@pk9.so-net.ne.jp
          ①氏名
          ②勤務先名
          ③住所
          ④日中電話番号
          ⑤携帯番号
          ⑥IPP会員番号
          ⑦メールアドレス

4.事前説明会  参加希望者確定後、事前打ち合わせ会を開催いたします。

                                        以上

                                  25期 古平 篤

   
                      

                                        
 

>>詳しくはこちら

2015.04.29  関東支部 IPP写真研究会 春の撮影会を開催 コメントを見る/書く(0件)

IPP写真研究会の春の撮影会が4月25日、土曜日に東京の高円寺で行われました。
今回は、高円寺で開催されていた「高円寺びっくり大道芸」の撮影会で9人が参加しました。
各自、いろいろな場所で開催されている大道芸を撮影した後、17時半に集合し、
中華料理を食べながら情報交換会を行いました。
                                                                             

                                   25期 古平 篤

IMG_2453

>>詳しくはこちら

2015.02.15  関東支部 IPP写真研究会新年会を開催 コメントを見る/書く(0件)

IPP写真研究会の新年会が2月14日、16時からアサヒビール本部ビル22階のゲストルームで33人が参加して開催さました。
五十嵐さんが司会進行を行い、林会長、関東支部・山田支部長、初代会長・吉浦さんの挨拶の後で、乾杯を行い、懇親会がスタートしました。
今回は会員が1人3点の写真を持ち寄り、1日だけの写真展を行いました。
今回も日本写真芸術学会会員の島村さんも参加され、各自の写真の講評を行いました。天気が良かったので途中で富士山の近辺に夕日が沈むのを見る事が出来、各自シャッターを切っていました。19時に閉会となりました。

                                   25期 古平 篤

0080

0013

0076

>>詳しくはこちら

2015.01.25  関東支部 冬季見学会を開催 コメントを見る/書く(0件)

関東支部は冬期見学会を1月22日(木曜日)に開催し、今回は29名が参加しました。
14時25分、京浜急行・大鳥居駅に集合し、駅に直結している見学先であるワタミ夢ストリートに向かいました。

ワタミ夢ストリートは居酒屋のワタミ株式会社・本社の1階にありました。
ワタミ創業者の渡辺美樹を紹介した展示館であり「理念の歴史」を展示しているとの事でした。
展示内容は、渡辺美樹さんが創業資金を稼ぐために宅配便のドライバーしていたころの展示、
ワタミ1号店のレイアウト、メニュー、元会長室の再現、ワタミグループの歴史MAP、
事業紹介コーナー、ワタミグループが支援する社会貢献団体の紹介、
創業者の経営する2つの公益法人の紹介などの展示コーナーがありました。

その後、徒歩で15分位の所にあるヤマトグループの羽田クロノゲート向かい、16時から見学を行いました。
クロノゲートはギリシャ神話の時間の神(クロノス)と、国内、海外をつなぐゲートウエイ(門、出入り口)の
2つの言葉を組み合わせた合成語です。

このクロノゲートは宅急便のベース(物流センター)の役目があり、「速く、正確に届けるための仕組み」を行い為に、
荷物の仕分けをコンピューターで管理しており、実際に荷物が流れている所を見る事が出来ました。
宅急便の取り扱店は25万店あり、1年間で16億個の荷物を扱っているとの事です。

また、物流に付加価値を生み出す為に物流センターにいろいろな設備がありました。
業者と提携して発送代行、通関業務、商品の修理をメーカーまで戻さないで修理してお客様に届ける設備、
印刷物の印刷と発送、医療機械の保管と洗浄などの設備がありました。

また、地域貢献エリアがあり、保育所、会議室、障がい者雇用促進と自立の為のベーカリー
「スワンカフェ&ベーカリー」もありました。

その後、羽田クロノゲートから、大鳥居の駅まで戻り、駅の上にある、饗の屋で情報交換会を行い、
20時すぎに散会となりました。

今回も新しい人が多く参加しました。

25期  古平 篤

001

 

 

 

 

 

 

ワタミ夢ストリート(2015.01.22)

 

 

 

 

 

 

ヤマトクロノゲート(2015.01.22)

 

 

 

 

 

 

情報交換会(2015.01.22)

>>詳しくはこちら